Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

27歳とはなにか。

      2016/05/22

27歳になりました。

宇宙に辻本達也として誕生してから

地球が太陽のまわりを27周した、ということだそうです。

よくわかりません。

よくわかりませんが、否応なしに、体は大きくなり、重なった記憶があります。

記憶といっても、それは本当に27周前からの記憶なのか?この瞬間からの記憶なのでは?という疑問は残りつづけますが。それはまあおいておくことにして。

 

27歳とはなんでしょう。

27という数字は26より好きです。

3の3乗だからかもしれません。

27歳は、もう青年ではないという感じがします。

もうそろそろ普通は、腰を落ち着けてコツコツとなにかに励んでいるはずです。

自分はどうかといえば、なにやらまだふらふらとしています。

でも今年はもう自分にとって大きな節目の年になっていて、

仕事も自分ではじめたし、

あたらしい集団に参加できそうだし、

こう

なんというか

うーん

やっと自分の手足で建物を建てはじめた、という感じでしょうか。

 

ぼくはむかしからミツバチのような生物で、

意外にもいろんなグループに顔を出し、

いろんなコンテンツを横断し、

新しい感覚の蜜を吸っては

また別の蜜を吸い、

辻という交差点にもどってはまた別のところへ

とやってきた気がします。

これからもそうしていくことになるでしょう。

だから

だから?

だから時間がかかるよと自分に言い聞かせています。

ひとつのことに打ち込んでいる人が10年で到達するところに、

3つも4つもやっていたら単純にそれぞれ30年や40年いや50年かかるでしょう。

「人生はそんなに色々やるには短いぞ」という声も自分の中から聞こえてきますが、まあ自分の性質として仕方のないことと今は一旦割り切ることにしています。

早く何かを成すというより、ゆるゆると、人との関わりを忘れずに長くつづけていけたら、とそう考えています。

 

さて、27歳。

まあ27歳はなにかを建設しはじめるにはよい頃合いなんじゃあないでしょうか。

ま、なにかを建てても、自分のことなのでいつまた建て替えたくなるかわかりませんが。

 

「横断型人間にはなにができるのか?」

27歳以降の自分への設問です。