Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

いろんな人がいる

      2016/07/27

たまに弁当配達のバイトをするのですが、

配達先はほとんど高級マンションか

高級なお宅です。

 

高級マンションというのは、

まず入館するのに警備員の許可が必要で、

そこを抜けると広いロビーがあり、

そのロビーに受付があって、

そこで入館時間と名前を記入させられます。

 

そこで受付の女性が

訪問先に電話で確認をいれます。

 

さらにその先に

インターホンがあり、

そこで部屋番号を押して

自動ドアを開けてもらいます。

 

そしてさらにさらに

だいたいの高級マンションは

もうひとつ自動ドアがあるので

もう一度インターホンを押す必要があります。

 

そこからまだあって、

エレベーターが

10以上あったりするんですよ。

受付で

「Eのエレベーターに乗ってください」

とか言われる。

 

そのエレベーターに乗って

部屋についてインターホンを押すとやっと

届け先の方に会えます。

 

こんな道のりを経て

高級マンションに住む

お客さんに弁当を届けるわけですが、

 

高級マンションに住んでいる人にも

いろいろな人がいます。

 

おそらく

勝手な想像ですが、

金銭的には十分にもちあわせがある方々

だと思います。

 

それでも

「早くしろ!」

と叫ぶ人もいれば

ちらっと見える部屋が

ものすごく汚いこともあります。

 

変なことを言われたときにはいつも

「このひとは身体的に余裕がないのだな」

と思うことにしています。

 

特に結論のある話じゃなくて、

高級マンションは

何重にもセキュリティがかかっていて

なんかおもしろいということが

言いたかっただけです。