Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

成長したいと感じる人へ。5感に注目!成長を早める2つのワザ。

   

grow01

成長したいと感じる人むけに、成長するための方法を書きました。

成長とは「日々を豊かに感じられるようになること」です。

日々を豊かに感じるために、

①感覚をするどくする方法
②感覚を増やす方法

について書きました。

それではくわしく見て行きましょう。

成長ってなんだろう

grow02

成長ってなんでしょうか。

・なにか壁にぶつかった
・なにか足りていない気がする
・もっと人生を楽しみたい
・もっと豊かに感じたい

そのような感じがするときに「成長したい」と感じるのではないでしょうか。

成長とはなにかというのは人それぞれに決められることだと思うのですが、ここでは成長とは「より楽しくなること」「より豊かに感じられること」とします。

仕事でもっと成果をあげるために成長したいというときにも、その仕事で「もっと認められたい」とか「貢献したい」という気持ちですよね。

そのような気持ちも、自分の「楽しさ」や「豊かさ」につながっていると思うんです。

勉強もそうですよね。本を読んだり、人から学ぶことで、成長することがあります。

それは世界のみかたや、考え方が広がることで、より日々や世界を豊かに感じられるようになったから成長したと感じられるのではないでしょうか。

より豊かに感じること

sunset03

日常を

・より楽しく感じられるようになったとき
・よゆ豊かに感じられるようになったとき

成長したと感じます。

そのような変化を自分におこすことで成長できるということですよね。

反対に、いまの自分にとどまっていたり、無意識にあたらしい考えをとりいれられなくなっていると、成長するのはむずかしいでしょう。

成長の方法

feeling

それでは、日常をより楽しく感じらるようになったり、より豊かに感じられるようになるための方法とはなんでしょうか。

それは「自分の感じ方をひろげること」です。

感じ方がひろがるというのは、まさに「日常をより豊かに感じられるようになる」ということです。

その変化は成長につながるでしょう。

その成長は仕事や勉強にはつながらないと感じるかもしれませんが、「最初になにを感じられるか」が豊かになるということは、

なにかを考えるときのプロセスが豊かになるということで、結果にたどりつく方法が増えるでしょう。

成長したいなら「感じ方のひろげ方」

わたしたちが外のなにかを感じるときに使っているのは5感ですよね。

その5感をするどくするための方法を2つ書いていきます。

①5感をするどくする

5感をするどくするためには、スワイショウという動きがいいでしょう。

このスワイショウという動きは、太極拳や中国武術のなかで継承されつづけている動きです。

ひじょうに簡単で、効果があるので、まずこの動きを紹介します。

この動きには色々な効果があるのですが、今回は、感覚をするどくするという意味で紹介しますね。

動きはとても簡単で、腕を前後に振るだけです。

このとき大事なのは、腕を自分でうごかさないことです。

腕が重力にふられるような感じで前後にふります。

Googleでみつけた動画を貼らせていただきます。
https://youtu.be/nVfdqsNFr0Y?t=1m47s

小指に集中するようにしてみましょう。

そうしていると、体があったかくなってくるかもしれません、腕がびりびりしてくるかもしれません。

そうなってきたら、ゆっくりうでの振りをちいさくしていって、腕をとめましょう。

そこでしずかに自分の腕を感じてみておわりです。

わたしの場合は、長いときは1時間くらいやっているときもあります。5分とか10分とか、バスの待ち時間とかにかるくやることもあります。

スワイショウをやっていると、自然に感覚がするどくなっていくのがわかります。自然から受けとれるものや、人からうけとれるものの量が多くなっていくんです。

②5感をかさねる

overlap01

つぎに5感をかさねる方法を伝えます。

この方法をしていると、一度に受けとれるものの量が増えます。

人はだいたい1つの感覚に集中して生きています。

たとえばいまこの記事を読んでいただいているときには、視覚に注意がむいていると思います。

すこし音に意識をむけてみましょう。

まわりでどのような音がしているでしょうか。

室内なら空調の音や人の声がきこえるかもしれません。

室外なら車のおとや風の音がきこえるかもしれません。

そのような音に意識をむけると、こんどは聴覚に集中がむいて、視覚から集中がはなれると思います。

そのように、人は5感のなかで今重要だとおもうものに集中して生きています。

たとえば、この視覚と聴覚にどうじに集中したらどうなるか?

というのが感覚を重ねるという方法です。

ではなにか1つの音に集中してみてください。

・人の話し声
・空調の音
・車の音
・風の音
・木々がゆれる音

など、なんでもかまいません。できれば空調の音などのようにあまり途切れないものがいいでしょう。

1つ音をみつけたら、それを聴く集中をとぎらさないように次の文章を読んでみてください。

集中をとぎらさないように。

「むかしむかしあるところに、おじいさんと、おねえさんがおりました。

おじいさんは中野ブロードウェイに、

おねえさんは横浜に買い物にいきました。

おじいさんは中野ブロードウェイで、新作のゲームを買いました。

おねえさんは横浜で晩ごはんの食材を買いました。

さきに家についたのはおねえさん。

おねえさんは野菜を切り、ご飯を炊く準備をします。

どうでしたでしょうか。音から集中を切らさずに読めたでしょうか?

そんなに簡単ではないですよね。

わたしもいまだに簡単にはできません。

でも日常のなかで試しているうちに、それにだんだんと慣れていくことができます。

これは触覚や味覚や嗅覚とも重ねて行けますし、いくらでも重ねて行くことができますので、ぜひ試してみてください。

成長したいなら

grow03

成長したいと感じる人むけに、成長するための方法を書きました。

成長というのは、日々を豊かに感じられるようになることです。

その方法は、感覚をするどくし、感覚を重ねることだと書きました。

1つでも試していただけたら嬉しいです。