Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

空気を読む方法はたったの3つだけ。シンプルで今すぐできる方法です。

      2016/04/19

read01

「空気を読む方法を知りたい」と友人に言われたことがありました。

かれに3つのことを伝えたら、そのあとから少しずつ集団に溶け込むのがラクになったそうです。

その3つというのは、

・非言語コミュニケーションの本を読む。
・周りを感じる。
・自分を感じる。

この3つだけです。

空気ってなにか?ということからはじめて、3つの方法について書いていきます。

空気ってなに?

空気ってなんでしょうか?

空気を読むとか、空気読め!とか、KYとか。

そういう言葉はインターネット上でも目にすることが多いですよね。

でも、結局「空気」ってなんなのか。「空気を読む」ってなんなのか。

について書かれていたり、話されていることってほとんどないように思います。

空気ってなんなのでしょうか。

空気というのは普通に考えれば、酸素や二酸化炭素のようなものです。

「空気を読む」というのは、

「人と人のあいだに流れているものを読みとろうよ」

という意味でしょう。

人と人のあいだに流れるもの

standing

人と人のあいだにいったいなにが流れるっていうのでしょう?

人は言葉だけでなく、表情や仕草、姿勢や緊張でも、ほかのひとになにかを伝えています。

その言葉以外のメッセージのことを【非言語メッセージ】と言います。

たとえば、女性が「あなたのこときらい」と言ったとします。

それを怒った顔で言っていればそれは本当にきらいなのかもしれません。

それを色っぽい顔で言っていたらどうでしょう。

そんな風に、非言語メッセージは、言葉のメッセージよりも強い場合があります。

空気と無意識のメッセージ

人は非言語メッセージをいつも使って生きています。

たとえば腕を組んでいる人には話しかけずらいものです。

いつも腕を組んで足を組んでいる人は、無意識のうちに、「自分はえらい」とか「話しかけるなら意味のあることを話してくれ」というようなメッセージを発しています。

そのようなメッセージが束になったものが空気です。

空気と感覚

wineglass01

空気を読む必要があるときというのは、人がなんにんか集まっているときですよね。

たとえばそこに10人の人がいたとします。

そうするとそこに【空気】が生まれます。

その【空気】というのは、その10人の非言語メッセージが混じり合ったものです。

人というのはおもしろいもので、その場所にあるものが発しているメッセージを、いつも読みとって【感覚】に変えて受けとっています。

・ワイングラスには「ひやっとした感じ」を感じるかもしれません。
・もふもふとしたカバンには「親しみ」を感じるかもしれません。
・革製のものには「高級感」を感じるかもしれません。

それと同じように場所にも、わたしたちは【感じ】をいだいてしまいます。

【感じ】を感じずにいることはできないといってもいいくらいに、わたしたちはいつもそこにあるものからメッセージを受けとっているんです。

空気は人が発する【非言語メッセージ】を無意識にうけとったときに感じる【感覚】のことです。

空気を読む方法

だから空気を読む方法の1つ目は、

①非言語メッセージについての本を読むこと

なんです。

あとの2つは、人について本番のコミュニケーションのなかで知っていく方法です。

②周りを感じる。
③自分を感じる。

ではこれらの3つをくわしく見ていきましょう。

①非言語メッセージについての本

空気というのは【非言語メッセージの束】ですってなことを書きました。

それでは非言語メッセージというのはどんなものがあるのか?

それにはこの本がいいでしょう。

この本で最初におどろかされるのが、

「人のどの部分がその人のこころを一番伝えてくれるでしょうか?」

という問いにたいする答えです。

それは足だ。というんです。

足が一番無防備で、人のこころをあらわしてしまっている、と。

この本を読んでから、ものすごく人のことも、自分自身の態度についてもよく観られるようになりました。

すごくおすすめです。

②周りを感じる

grassland01

空気を読めないと感じているときというのは、周りを感じられていないことが多いです。

空気を読む方法の2つ目は周りを感じることです。

周りを感じるというのは意外にむずかしいものなんです。

周りを見ていると感じていても、実は目をそらしていたり、周りの音を聞いていると思っていても、声にたいする意識はできていなかったりします。

とくに「どうしよう」と感じているときほどそうなってしまいます。草原にいるときにできていることが、そういう場面だとできなくなってしまうんです。

ですから「どうしたらいいんだろう」と感じてしまっているときほど、

・背筋をのばし
・視野をひろくして
・耳を澄ます

ようにしてみましょう。

背筋がまがっていると、なかなか感覚をひろげることはできません。狭い範囲しか見られなくなってしまうんです。

背筋をのばして、近くから遠くまで広く見てみましょう。だれがどんなことをしているでしょうか。

どんな仕草や姿勢をしていますか?

どんな声で話をしていますか?

周りの情報をれいせいに取り入れることができると、自然とリラックスできてきます。

③自分を感じる

空気を読む方法の3つ目は、自分を感じることです。

なぜ自分を感じるのかというと、自分の「身体」と「心」の関係を知ることで、人のことがわかるようになってくるからです。

①で非言語コミュニケーションについて学んだら、普段の自分の仕草や姿勢を観察してみましょう。

その仕草のとき、自分はどんな「感情」をもっているだろう?

その姿勢のとき、自分はどんな「感覚」ですごしているだろう?

そうやって観察を増やしていくと、人のこともなんとなく分かるようになっていきます。

これをしているうちに【空気】についてもすこしずつ分かるようになるはずです。

空気を読む方法3つ

空気を読む方法を書いてきました。

・非言語コミュニケーションを学ぶ
・周りを感じる
・自分を感じる

このなかでもし一番たいせつなものを選ぶとしたら、②の周りを感じるを選びます。

周りを見ないと、その場でなにがおこっているかわかりません。

周りの情報なしに、非言語コミュニケーションを活かすことはできないですし、それでは空気を読むことはできないからです。

ぜひ3つの方法を活かしてみてください。