Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

自分に自信をつけるための地に足のついた方法。

      2017/03/15

confidence04

自分に自信をつける。自分に自信をつけたい。そういう悩みを聞くことが多いです。

自分とはなんでしょうか?
自信をつけるとはなんでしょうか?

自分とは?

「自分に自信をつける」と言うときの、「自分」とはなんでしょうか?「自分」と一口に言ってもなかなかつかみづらいものなのではないでしょうか。まずはその「自分」についてうまく分けて書いてみたいと思います。

反応の集合としての自分

人は、外からの刺激に反応しつづけて生きています。外からの刺激というのは、気温かもしれないし、友達から言われた言葉かもしれないし、吊り広告の写真かもしれないし、食堂から香るおいしそうな匂いかもしれないし、美しい夕焼けの風景かもしれません。

そのような刺激たちに人は反応しつづけています。

自分とはその反応の集合体です。あるもの、ある状況への反応の仕方が無数に束ねられたものとして自分は在ります。

刺激としての自分

反対に、自分は他のものたちにとっては刺激でもあります。人が自分のことを見て、なにかを感じる。ものは自分に動かされる、取り込まれる。自分とは、他のものに影響を与える存在でもあるわけです。

自分は反応であり刺激

自分というのは、他からの刺激を受けるものでありながら、他に影響を与える存在であるということです。当たり前のことですみません。でもこれを認識しておくと、どうしたら自信を持てるかが分かってきます。

自信をもつとは

自信をもつとはなんでしょうか?以前こんなツイートを観ました。

“自分はこんなことやあんなことができるっていう自信よりも、「こんなこともあんなこともできませんよ。で、何か問題あります?」っていう自信の方が安定してる。”

自信とはこういう感覚だとぼくは思います。だからといって、その「できません」を改善したり、変化させなくてよいということでもないのですが、今の自分はダメなところもあるけど、そういうところも含めてOKだと一旦思えることが自信だとぼくは考えます。

自信をもてないとは

それでは自信をもてない、とはなんでしょうか?自分に自信をもてない状態にはいくつかの状態があります。

ひとつは、自分がよくわからない。だから漠然と、良いとも悪いとも思えず、あいまいな状態である。

もうひとつは、自分のなかに嫌なところがある。だから人によく思われないだろうと考え、「これでいい」と思えない。

どちらにしても、自分とは客観的にどのようなモノなのかを知ることで、すこしずつ自分に自信をつけることができるようになっていきます。

自分をつかむ方法

では自分をつかむにはどうすればいいのか。

反応を知る

反応の仕方を知ることがその第一歩になります。自分はこういうときどのような反応をするのだろう?と興味を持って自分を見てみる。そのとき重要な視点は「身体」に意識をむけるということです。

たとえば、満員電車にのっているとき、自分はどのような反応をするのか?緊張している?だるい?

もし緊張しているなら、身体のどこに力が入っているのだろう?と興味を持って観てみる。それを改善できなくても、自分は満員電車のような場所にいくと、このように身体を動かす。そして、このような感覚を感じる。

という反応の流れを自覚することができます。ぼくはこれが、「自分を知る」ということだと思っています。

他にも、寒い場所に行くとどうなるのか、こわい相手と向かい合うとどうなるのか、人前でプレゼンをするとどうなるのか、楽しい映画をみるとどうなるのか、そのように自分の反応を楽しみながら知っていくことで、それが自分を知ることにつながります。自分ってこういうやつなんだと客観的に分かっていくことは、自分を認める感覚を増してくれます。

さらにいえば、自分の反応を知ることは、知った反応は変えていけるということでもあります。ダメだなと思う反応は違うものと変えることができるわけです。それも自分をコントロールできるという感覚につながるのではないでしょうか。

自覚することが重要だということを書いてきましたが、自覚しなきゃしなきゃと思ってしまうと息が詰まります。そうではなく、何度も書いてしまいましたが、自分に興味をもつこと、スマホや広告やテレビに興味をもつ時間を、すこし自分の【反応の仕方】への興味に向けることで、自信は少しずつ獲得できるはずです。

刺激としての自分を知る

自分は人に影響を与える存在です。自分がどのように人に思われているのか、それが気になって、自信がないという人も多いでしょう。

他の人が自分のことをどのように思っているのか確認するのはなかなか難しいものです。確認することができる人は、積極的に聞いてみるといいです。ただ、それはぼくもあまりできません。

ではどうするか。これも難しいかもしれませんが、自分が喋っているところを撮影してみることです。喋っているところがむずかしければ、歩いているところでもかまいません。歩いているところが難しければ、立ち尽くしているところでも構いません。

とにかく自分がすこしでも動いているところをほんの5秒でもいいから撮影してみる。

それは「自分の姿」から「自分」が影響を受けるということです。そうすることで、他の人が「自分」からどのように影響を受けているかを感じることがすこしはできるでしょう。嫌だなと思ったら、具体的にどのような動きが嫌なのか、どのような声が、喋り方の癖がいやなのか、を知り、変えてしまえばいいのです。

ぼくはたまたまあるレッスンで3時間以上自分が話している動画を撮っていただく機会がありました。その動画を何十回も見ています。

語尾の伸ばし方が気持ち悪いなあと思ったり、身体が前屈みになりすぎてるなあと思ったり、笑い方が気持ち悪いなあと思ったりして、嫌なこともありますが、へー自分ってこんな感じなのかおもしれえと思いながらも見ています。なにより、そうやって自分を自分が好ましいと思える方向に変えられるのなら楽しいなと思います。

見た目

見た目が気になって、自分に自信がもてない人も多いでしょう。これは自分が他者に影響を与える代表的な部分です。

おしゃれな友人に教えてもらったことなのですが、大きな良い鏡を買うとよいです。余裕をもって全身をみられる鏡を買う。そうすることで確実に自分を観られるそうです。

それから、今利用しているものより、すこし高いと感じるものを買ってみる。高いものなら必ず良いというわけではないですが、高いものは良質である可能性が高いです。良いものってすごくて、ぱっと見はわからなくても、細かいディティールまでデザインされ、それが調和しているので、それを着て過ごしていると、人からの反応が変わったりするので面白いものです。その人それぞれに似合うものが違うのでおすすめするのは難しいのですが、fashionsnapなどのファッションページをみて色々試してみるといいと思います。

まとめ

自信をもつには、
①刺激にたいする自分の身体の反応の仕方を、たのしみながら集めること
②「自分の姿」を自分で感じてみて、具体的な身体や声の部分を変えていくこと

自分を知ることや観ることは、恥ずかしさが大きいと思いますが、それをするだけの十分なメリットがあるとぼくは思います。

—-

自信をつけるためのメンタルトレーニングをしています。
→自分に自信をもつためのメンタルトレーニング

—-

トレーナーをお試ししたい方向けのメニューもございます。
→30分 お試し相談室

—-