Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

「○○すれば治る!」という嘘

      2016/08/01

ぼくは「○○すれば治る!」という本や言葉を

試しつづけてきました。

それこそあらゆるものです。

 

たとえば、

ぼくは小学生の頃から皮膚炎がひどかったのですが、

はじめは

「ステロイド剤を塗って

包帯でぐるぐる巻きにして寝れば治る」

と言われ、真面目にそれを毎日実践していました。

 

でも、

一旦よくなっても

いつも再発するんです。

数年後にはむしろ悪化していました。

 

次にやったのが、

「東洋の塗り薬」

これも「塗れば治る」と言われ

真面目にやりつづけましたがダメでした。

 

次にやったのが

脱ステロイドと呼ばれる治療です。

「ステロイドは絶対ダメ!

どんなに皮膚炎がつらかろうと

1年間塗らなければ治る!」

と言われ、

それを真面目にやりつづけました。

でもダメでした。

 

他にも

海水を塗るといいとか、

油をやめたり、

一日1食にしてみたり、

野菜だけにしたり、

運動量を測ってみたり、

他にも鍼やマッサージ、お灸など

色々やりました。

 

でもどれも結局ダメだったんです。

 

結果学んだのは、

「○○すれば治る!」というものはどれも極論であって、

極端であることが、

病気を引き起こすということでした。

 

食事も

生活も

バランスをとることが

最も人の内側に活力を生みます。

 

それに気付いてから、

皮膚炎も慢性鼻炎も

ほとんどよくなってしまいました。

 

「バランス」と言ってしまうと、

じゃあどうやってバランスをとるんだ!

と思われるかもしれませんが、

それは自分の体に聞きながら、

見つけていくしかありません。

 

結局は

極端なほうへふりきる経験を

重ねることでしか

バランスを知っていくことはできないのかもしれません。

 

生活や食事のバランスという意味では

こちらの本を紹介します。

季節ごとのバランスのとりかたを

わかりやすく教えてくれる本です。