"ジャメ・ヴュ"は魔法。

カウンセリングレーベル"jamais vu." が運営する、ことばとからだの情報サイト。

*

関係性をみる力がセンス

      2016/10/31

昨日、

人は色のようなもので

その組み合わせによって

心地よさやつくるものは

変わるということをかきました。

 

それは<個>の

能力や個性、人柄を見る

というよりも

 

人と人

個と個

<関係性>

をみるということです。

 

ここに

センスの秘密が隠されています。

 

「そんなこと知っているよ」という人は

多いかもしれませんが、

センスはほとんど<関係性>を

つくる力です。

 

ファッションについて考えてみましょう。

 

ひとつの服をみて

「かっこいい!」と思うことがあります。

 

その服の造形が

かっこよかったり

かわいく感じたりして

ほしくなるようなときです。

 

でも

その服自体の主張が強すぎて

あまり着られない。

 

そんな経験はないでしょうか?

 

服の楽しみ方は

それぞれなので

それぞれの楽しみ方をしたらいいと思うのですが、

 

一般的に言われる

センスの良い服装というのは、

 

トップスとボトムス

そして服や髪型

との関係性が

しっくりくるような

心地よいバランスのある服装です。

 

それは

服の単品をみるというよりも、

服と服とあいだにあるなにか、

その<関係性>を

とらえる眼です。

 

これはあらゆるものごとに言えることなのですが、

ひとつのものをみたり

ひとつの部分を整えるというよりも

部分と部分の<関係性>を

とらえる意識で

ものごとをやってみると

 

考え方や

物事の進め方が変わり

楽しみ方も変わって、

仕事や勉強、

人生がおもしろくなります。

 

もし

やってみたことがない!という方は

やってみてください。