Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

能力とは3つだけ。「キャッチ・ミックス・リリース」人がもつ3つの基礎力すべて。

   

three02

人にそなわる能力は3つしかありません。

・キャッチ力
・ミックス力
・リリース力

この3つの能力とはなにか?について、細やかに見ていきます。

能力とは3つしかない

skills01

人には能力は3つしかありません。

ほんとに?と思われると思うので、そのことについて書きます。

まず人の「からだ」を「アンテナ」のようなものだと考えてみましょう。

「からだ」に外から信号がおくられてきます。それを「からだ」がキャッチします。

キャッチした信号が「からだ」を流れます。「からだ」のなかの、特に脳で、その信号は「ミックス」されます。

そして、なんらかの仕草や姿勢や言葉として、それは「からだ」から外に出ていきます。

「キャッチして、ミックスして、リリースする。」

これが人が常にしていることです。

今この記事を読んでいただいている瞬間にも、ディスプレイからの光や文字をキャッチしたり、まわりの音をキャッチしたりしていますよね。

それらをミックスして、そこに立ったり座ったりしています。急に大きな音がしたら、その音に反応することができます。

また、ディスプレイの光や文字をみて、自分が読みやすい位置へと、指やマウスを使って移動させることでしょう。

その動作は、キャッチして、ミックスしたからこそ、行われていることです。

キャッチ・ミックス・リリースの3つの能力について見ていきましょう。

①能力とはキャッチ能力

catch 01

能力の1つは上に書いたように、キャッチする力です。それはむずかしく言うと「インプット」と言われるものです。

キャッチする力にはどんなものがあるでしょう。

人はなにかの信号をキャッチするために5感をつかっています。

・視覚
・聴覚
・味覚
・触覚
・嗅覚

この5つです。他にも体温を感じる感覚や、重心を感じる感覚のように、細かくわけるといろいろとあるのですが、残りのものはこの5つの中に含むことができます。

反対にいえば、わたしたちは5感以外のものではなにかをキャッチしないということです。

ですから、キャッチ能力を高めるとしたら、5感というセンサーをいかに高めるかを考えることになります。

②能力とはミックス能力

box01

能力の2つ目はミックス能力です。

ミックス能力とはなんぞや、と思われると思います。ぼくがつくった言葉だからです。

ふつうは処理能力とか言われるものかもしれません。

ただ、処理よりもミックスの方がしっくりくるんです。

ミックス能力というのは、感覚を組み合わせる能力のことです。

外からきた信号をまずキャッチする、と書きました。

そのキャッチした信号は、5感というセンサーで【感覚】に変換されます。

その感覚をわたしたちは脳や身体でミックスするんです。

ミックス能力は、

・論理力
・問題解決能力
・直感力
・想像力
・レイアウト力
・マネジメント力

などの能力をつかさどっています。

これらの能力は、自分が外からキャッチした情報(感覚)をどう組み合わせるかなんです。

組み合わせるというのは、

・足したり
・引いたり
・並べたり
・混ぜたり
・重ねたり

するようなことです。数学はわかりやすいでしょう。

数学は論理能力が必要だと言われます。

1という信号をキャッチして、1という感覚をつかみます。

5という信号をキャッチして、5という感覚をつかみます。

あいだに「+」と書いてありますので、足すという感覚をつかって、「1」と「5」をミックスします。

これが数学をするときのミックス能力です。

③能力とはリリース能力

release01

3つ目の能力はリリース能力です。これはむずかしくいうと「アウトプット力」と言われます。

人がなにかをリリースするためには、「筋肉を動かす」以外にありません。

人が声を出すにも、人が呼吸をするのにも、人がまばたきをするにも、筋肉を動かすことが必要です。

なにをしたくても、筋肉を動かす必要があります。

それはなにかをキャッチして、ミックスしたものを、外にリリースするときに必ず「筋肉を動かす」ということです。

ですから、いかに「筋肉を使うか」というのが、人の技術となります。

プレゼンをするにしても、

・どうどうと立つための筋肉の使いかた
・落ちつくための呼吸筋の使いかた
・人をひきつけるための喉や口の使いかた
・表情

という筋肉の技術が必要になるんです。

プレゼンであっても、会話であっても、刀鍛冶であっても、スポーツ選手であっても、それは変わりません。

資料をつくるのだってそうです。お茶を出すのだって、家に訪ねてきた人に出すところから、茶道という道にまでなっています。

そういう筋肉の技術なんです。

リリースという3つめの能力は筋肉のつかい方にかかっています。

能力とは3つだけ

skills02

人の底にねむっている能力について書いてきました。

人の基礎には、3つしか能力はありません。

・キャッチ
・ミックス
・リリース

身体にうけとる、身体のなかで混ぜ合わせる、身体から外にだす。

この3つなのだとわかるだけで、能力を高めやすくなると思います。日々のなかでふと思いだしていただけたら嬉しいです。