Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

メンタル鍛え方3選。これで強くなる!緊張を乗り越えていくシンプルな方法。

      2017/03/15

body01

メンタルの鍛え方を知りたいと言われたので、今日はそのことについてゆっくり書いてみたい。

ぼくはメンタルの弱い人間だった。人からどう思われるのか気にして、自分から拒絶したり、人前で話すことを避けてどうやって人に任せるかを考えるような人間だった。

それがいつの間にか、色々なワークショップに参加して新しいコミュニティに参加することにもあまり緊張しなくなったし、人前でもある程度うまくふるまえるようになった。

「本番に弱いんです。」「プレゼンになると準備してきたのに真っ白になっちゃうんです。」「もっと堂々と話をしたい」というような悩みは、かなり着実に改善していくことができる。

メンタルの鍛え方について順番に書こう。

メンタルが弱い

メンタルが弱いというのは、緊張しやすいとか、自分に自信がもてないとか、打たれ弱いとかそういうものだろう。

メンタルの弱さに共通するものはなにか?それは繊細であるということではないか。

繊細さ

繊細であることは、1つの強力な武器だ。

繊細である人は、細やかなことにも影響をうけやすい。それは些細な違和感や差異に気づくことができるということだ。そういう部分に配慮できるということ。

それは良い人間関係をつくったり、良いデザインだったり、良い作品づくりには欠かせないものではないかとぼくは思う。

繊細さと外に開くこと

ただ、「繊細であること」と「内にこもること」が、つながってしまうと、それがメンタルの弱さになることが多い。

内にこもってしまうと、その場面のどのような部分に影響を受けたのか分かりづらいし、自分の内面だけを見ているとさらに身体に力がはいってしまうからだ。

メンタルの鍛え方を知りたい人も、ただデリカシーなしに堂々とできればいいわけではないと思う。デリカシーのない人は繊細さがない。

人や場とやわらかく接しながら、堂々とふるまうにはどうしたらいいのだろう。繊細さをもちながら外と繋がるにはどうしていったらいいのだろう。

鍛えるということ。

人はなにかを改善しようとするとき、いますぐに良くなってほしいと考えてしまう。それは当然のことなのだけど、なかなかいますぐに0が100にはならない。

今日すぐに緊張がなくなった!ということは難しいだろうけれど、実行すれば、緊張がなくなる方向にむかうことは実感できると思う。

人はなにかを覚えるのに時間がかかるし、それを行動として定着させるのにも、ある程度の期間が必要だ。

それでも0が1や5になると、すこしずつスピードが増して、着実に自分が思い描く方向に近づいていくことができる。

メンタルの鍛え方3選

ここから具体的にメンタルの鍛え方を3つ書く。メンタルの鍛え方と言っても難しいものではない。

総じて必要なのは、自分の状態を知ること。自分の状態を知って、ゆるめることだ。

緊張や人前での自信のなさ、堂々とふるまいたいという人向けの方法だ。

①緊張とは身体の状態である。

まずは緊張とは身体の状態だという話からしよう。

緊張しているときや、堂々とできていないときというのは、全身に力が入っている。必要のないところに力が入ってしまっているのだ。

では必要なところとはどこか?

小学校で掃除の時間に「ほうき」を使ったことはあるだろうか。

ぼくは昔よく「ほうき」を手のひらの上に立てて、どれだけ乗せつづけられるか友だちと競っていた。

「ほうき」はどうして手のひらの上に立つのだろう?

「ほうき」を立てるとき、手のひらを上下左右に小刻みに動かしている。そうやって「ほうき」が倒れそうな方向と反対に手を動かすことでバランスをとっているのだ。

身体の芯を知る

それでは人の話に戻そう。人はなぜ立てるのだろう?それは本当はとても不思議で、かなりの技術が必要なことなのだ。

人というのは骨と水と袋でできている。それがペタンとくずおれずに垂直に立ち、座る。

それは「ほうき」と同じようにバランスをとっているからだ。

必要な力

そのとき必要な力というのは、本来そのバランスをとる力だけでいいはずで、それ以外の力は緊張であると考えることができる。

鍛え方。

どうそれを鍛えるかというと、自分が立っているときに「ほうき」を手のひらに立てるように、自分が地球の上に立っていると想像する。

そうすると自然に姿勢がよくなっていくかもしれない。そのまましばらく目をつむって立ってみる。

その感じが、いまの段階で自然に力の抜けた状態だ。

人前で話すときに、その状態と比べてどれだけ力が入っているか自覚して帰ってくると、次のときに、その力をすこし抜くことができる。

②繊細さを利用する。

上にも書いたが、メンタルの弱い人は繊細である場合が多い。

繊細な人は色々なことによく気づく。

繊細さで受けとったものを内向きになる力に変えるのではなく、もうすこし外を観る力へと振り分けてみると、緊張や自信のなさを緩和していく方向に進むことができる。

どういうことかというと、たとえば、プレゼンで大勢の人の前に立ったときに、自分のことを見ている人たちがなにを思っているか考えてしまう。

そう考えて「どうしよう」と自分の考えの方に意識が向いてしまう。

繊細だからこそ、「どうしよう」の方向へ向かう意識も大きくなる。

誰だって、真剣に準備してきて、大切に感じているプレゼンだったら、人前に立った瞬間に「どうしよう」と思うはずだ。

緊張とは5感の状態である。

そこで「どうしよう」の方に強く惹き付けられてしまうのではなく、聴いてくれている人たちを観る方へと意識をむけてみる。

「どうしよう」といくら思っても答えはない。

答えは聴いてくれている人の反応のなかにしかない。

だからその聴いてくれている人の反応に繊細さを利用していくことだ。そうすることで、大丈夫だという感じや、こうした方がいいかなという感じが分かってすこし緊張が緩和されるかもしれない。

もちろん緊張しやすい人が、はじめから聴衆の反応を見なさいと言われてもそれは難しいと思う。でもすこしずつそれをやっていく。

日常の場面で、1対1で話すときでもいい。自分がまわりをみていないと感じる場面を発見して、その場面でまわりをみてみる。

③緊張を大切にする。

緊張や自信のなさはそれほど悪いものではないと知ることも1つ、メンタルの弱さを克服していくのに良い方法だ。

緊張があるということは、そのことを大切にしているということだ。

緊張が悪いものだと思うと、緊張を無視することに繋がりやすい。

緊張や自信のなさを自分の短所というよりも、今の自分の特徴だと考えるぐらいになるとメンタルを鍛えやすくなるだろう。

メンタルの鍛え方

緊張してしまう。自信をもちたい。堂々としたいという人向けに、メンタルの鍛え方を書いてきた。

メンタルが弱くなってしまう場面での

・身体の状態を知ること
・繊細さを利用すること
・緊張に対する考え方を変えること。

について書いた。一歩ずつ自分が進みたい方向に進んでいただけたら嬉しい。

—-

本番に強くなったり、緊張とうまくつきあったりするためのメンタルトレーニングを行っています。
→メンタルトレーニング:緊張克服メニュー

—-

トレーナーをお試ししたい方向けのメニューもございます。
→30分 お試し相談室

—-