Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

なかなか行動にうつせないから苦労しているのに…

      2017/03/15

色々なアドバイスや名言があります。

今はネット社会。

良い「言葉」や「まとめ」「ハウツー」が

目につきやすいと言えるでしょう。

 

そのなかのどれくらいを実行できるでしょうか?

 

たとえば、

生卵をつるんとむく方法!くらいだったら

かんたんに実行できるでしょう。

 

ただ、

「来年死ぬとしたら何をするか考えて行動しよう」

とか

「嫌われる勇気」とか

「結局すぐやる人が・・・」とか

って言われても、

 

それができないから苦労してんだよ!

 

と昔のぼくはよく思っていました。

 

人間関係についてや

自分の性格のこと、

人生の大きな選択などになると、

アドバイスは急に実行しづらくなります。

 

どんなアドバイスも名言も

それを実行する体(筋肉の状態や血液などの状態)を

もった人にしか

実行できないんです。

 

大きなことを成した方々は、

その体をたまたま持っていた

という場合が多いです。

 

だから彼らは、

「熱意があれば」とか

「ヴィジョンが強ければ」とか

言います。

 

もちろん

そういう側面もあるでしょう。

 

でも根本的に、

体の状態がないことには

実行などできないんです。

 

たとえば

我慢しながら仕事や勉強をしているとしましょう。

それが長く続いています。

 

そうすると、

我慢してなにかをするための

体(筋肉の状態&血液などの状態)ができあがります。

 

その緊張状態が

定着しているわけです。

 

その体で、

「自分がやりたいこと」に

いますぐ取りかかるというのは

かなり無理があると思いませんか?

 

もちろんそれでも無理を越えて

「えいや!」と

やってしまえる人も少数いるでしょう。

 

ただそれもまた少数なのです。

 

実際に行動にうつすために、

それぞれの方にどのような動作が必要か?

それについては

・それぞれの悩み

・それぞれの体の状態

によって異なります。

 

ある目標のために行動をおこすには

それに合った体の状態が必要なんです。

 

—–

心身を同時に考えるハイブリッド人生相談所をしています。

⇒ http://jibunn.com/self-counseling