Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

風邪が辛い!風邪の辛さをラクにする3つの簡単な方法。

   

cold01

いまちょうど風邪を引いている。今回の風邪は頭痛がひどく辛い。

あるときからぼくは、風邪をひいてもその辛さを早くとることができるようになった。その自分が使っている3つの方法について書く。

このブログでは、メンタルを強くしていくことに関連して、その「基礎としての心身」を良い状態に調整していくことについても伝えていこうと思っている。そういう観点から読んでいただければと思う。

風邪は難しい

西洋医学でも東洋医学でも、風邪は最も難しい病気の1つとされている。

西洋医学では、こんなにも科学も医学も進歩しているというのに、未だに『風邪』の根絶は果たされていない。

空を飛び、宇宙へ行き、深海に潜り、地球すら滅亡させるような兵器をつくり、おおかたのウィルス性疾患を根絶やしにした人間が、最も身近にある『風邪』を防ぐ方法を発明できていないのである。

また、東洋医学の観点からも風邪は対処が難しいものとされている。ぼくは東洋医学に明るいわけではないので、浅い知識からだが、東洋医学はそもそも病を1つの対象とは考えていないように思える。

病は過程であると東洋医学は考える。

だから治る治らないではなく、まず入り込みにくくすること、それから、もし入り込んでしまったらそれを早く楽に経過させることを考えるのだ。

その東洋医学でも風邪はその状態をめまぐるしく変えるので、対処が難しいとされる。

『風邪』とは身近でありながら、得体が知れず、未だに解明されていないものなのだ。

東洋医学をとりいれる。

ただ、東洋医学のほうが、もともと病気をやっつけるという考えをもたない分、風邪に対処する力は強いのではないか、と考えるようになった。

それからぼくは東洋医学的な対処法を風邪の辛さを緩和するのに取り入れようとするようになっていった。

風邪の辛さを楽にする方法3選

ここから実際に、風邪の辛さを楽にするために使っている方法を書いていく。1つは足湯で、2つ目はペットボトル温灸、3つ目は漢方だ。

足湯

『風邪の効用』野口晴哉 という本がある。この本はその題名のためだけにでも、一家に一冊置いておいて損はないと思う。

目次だけでも

”風邪は治療すべきものか”
”風邪は経過するもの”
“風邪の活用”
“治ると治すの違い”
“風邪を引く心理”
“心理現象としての風邪”
“病気になりたい欲求”
“自分の風邪を活かせ”
“早く治るのがいいのではない”
“風邪を引いたら弛めること”

などと風邪に対する見方が180度変わるようなものが多い。(目次は3個ほど紹介して終わりにしようと思ったが、おもしろすぎて、いくつも紹介してしまった。)

この本に書いてある『足湯』をやってみたら、風邪が非常にらくになったので、それを紹介する。

1、まずコップ一杯の水を飲む
2、入浴温度より3度高いお湯に両足、かかとが隠れるまでつけ、6分間保つ
※このとき、お湯の温度が下がらないようにシャワーなどで差し湯をする。

3、乾いたタオルでよく拭き、さわってみてすこし冷たいかなと感じる方の足をもう2分間足湯する。
※どちらが冷たいか分からなければ勘でいいと思う。
4、よく拭いてから寝ること

就寝前に行うこと。

ペットボトル温灸

お次は温灸である。むかしは風邪にお灸をしたそうだ。ただ、それは現代ではいささかめんどうである。もっと簡単にできないか。そう考えた人がいた。若林さんだ。

彼女は、あったか〜いの飲料ペットボトル(蓋がオレンジのもの)を使い、そこに少量の水とお湯を入れることで、だいたい適切な温度の道具だできることに気づいた。

それをツボに当てていくのである。

頭痛ならここ。
鼻水ならここ。
咳ならここ。
風邪のひきはじめはここ。
肩こりならここ。

というふうにツボが決まっている。

ぼくのアレルギー性鼻炎はこれで治ってしまった。花粉症にも強い効果がある。

詳しいツボの位置については本書をご覧下さい。

漢方

最後に漢方である。漢方というのは、なにやら古臭く感じられるし、飲みつづけないと効果がなさそうで、手を出すのは億劫なものだろう。

ぼくもずっとそう思っていた。

ただ、この本を読んでから、漢方を試すようになってその考えは180度変わった。

漢方は即効性があるのである。

それに、科学物質ではないので、一部だけにダメージを与えることがない。

漢方も、その漢方を飲むべき時期というのがある。

鼻水が出たらとか、咳が出始めたらとか、なんか寒いなと感じたらとか、のぼせたらとか。

そういうことだ。

そのような詳しい対処については、本書を読んでほしい。

風邪が辛い人へ

風邪が辛い人向けに、それを早く楽にするための方法を書いた。
ぼく自身、どの方法もはじめは半信半疑で始めたものだ。

もちろん他にも色々な方法を試して、全然効かない方法だって沢山あった。

その中で、これは威力が高い!というものを紹介したつもりです。

風邪が辛いという人がその辛さを早く改善していただけたらと思います。