Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

存在感がないと感じたらやるべきこと。存在感が増す!たった1つのポイント

      2017/03/15

standalone01

存在感がない。「自分はこの場に居ていいのか」と考えてしまう。そういう相談がある。ぼくにもそう感じた経験があるし、実は多くの人がそう感じた経験を持っているのではないか。

存在感とはなんだろう。

存在感という言葉はひじょうに感覚的な言葉だ。たしかに「存在感がある」という感じはわかるし、共有できている気がするけれど、それがどこからやってくるのかはあまり説明されない。

存在感の発し方や「その場に居ていい」と思える感じを持つ方法、発表やステージで堂々とするコツについて書いていく。

場を引き受ける

「存在感のある人」というのは、その場を引き受けている人だ。

その場を引き受けるとはなにか。

それは、その空間にあるものをしっかり観て、その空間で鳴っている音や言葉を聴き、肌で感じていること。

そして、その感じている圧力を無視せずに対面して立つことだ。ぼくはそう思う。

「存在感のある人」には色々なタイプがいるし、場によって変わるけれど、どの人も存在感のある瞬間にはそのような部分を持っていることが多い。

引け腰にならずその場と対面して拮抗している感じ、と言えばいいだろうか。感覚的な話になってきてしまった。具体的にどうしていけばいいのか、ここから書いていこう。

話すことと存在感

存在感を発する人にはいろいろなタイプがいて、日常を送っているなかで最初に目につくのは、話のうまい人かもしれない。だから、話がうまくなれば存在感が発せられるのではないかと思いやすい。

ただよく観ていると、話をあまりしなくても存在感のある人というのはいて、それがよくわかるのはテレビドラマや映画、演劇だ。映画やドラマを思いだしてみると、あまり話すイメージはないけれど存在感のある役者というのはいる。

実は存在感を出そうとして、大きな声を出しても逆効果になることが多い。それに、大きな声を出すと、そこからずっと大きな声を出しつづけなければならなくなるので疲れてしまう。反対に小さい声で話してみた方が注目は集められるかもしれない。

話すことは存在感と関係があるけれど、うまく話そうとすることが存在感と必ずしも直結するわけではない。

場を引き受ける方法

存在感のある人は堂々としているように見える。その瞬間のその場をできるだけ先入観なしにみて、その場を引き受けるているからだ。

自分がいる場をとらえる方法について書こう。

観る

存在感がないと感じる人がまずやるといいことは、観ることだ。「どうしよう」「なにを話そう」と考えてしまうときには、外のことが観えていないことが多い。

自分の頭のなかを観ていて、その場についての情報が無視されてしまう。

存在感はその場と自分との関係性のなかで生まれるものだ。それに、存在感を感じてくれるのはその場にいる人たち。その場からの情報を漏らすと、その場にいる人との関係が断たれてしまう。関係が断たれると、存在感も失われる。

まずはまっすぐに観てみることだ。存在感がないと感じているときにはなかなか難しいかもしれない。観ることに力が必要かもしれない。それでも一度背筋をのばして、観てみる。

誰がなにをしているだろう。まわりではなにが起こっているだろう。自分はどんな場所に立っているだろう。

そのときに場や人からの圧力を感じるかもしれない。それでいい。

聴く

観ることとほとんど同じだが、聞くこともその場を引き受ける方法だ。

まずその場に鳴っている音を聞いてみる。どんな声がするだろう。音量は音の高さは、ピッチはどうか。まわりではどんな音がしているだろう。そうしていると、もしかしたらその場に溶け込んでいく感じがするかもしれない。

やっぱりなにか押されるような圧力を感じるかもしれない。圧力は無視するより感じた方が、存在感をもつためには数百倍いい。

存在感の有無を分けるポイント

pessure01

場を引き受けている人は、必ず圧力を感じている。圧から目を逸らさない。圧力を感じていなければ、その場を感じていないと言ってもいい。

その圧力を「こわい」と思ってよけるか、圧力と対面して立つか、が「存在感」の有無を分けるポイントだ。

もちろん身体的な特徴や容姿によっても存在感は変わってくるかもしれない。生来の存在感を持っている人もいる。ただ、意識を変えることによってそういう人たちに匹敵する「存在感」をもつことは可能だし、存在感を技術として身につけるとそれをコントロールできるのが良いところだとぼくは思う。

圧力と付き合う

圧に負けると存在感はやってこない。勝ち負けではないけれど、はじめは「負けない」という気持ちでそれに向き合って、そこに居ることから始めるのがいいと思う。

そこから少しずつ、圧力と仲良くなっていくような感じにしていけば、存在感は2次曲線状に増していくはずだ。

達人たちの姿

ぼくはダンサーや役者、武道家や講師を観る機会が多い。達人は飄々としながらも、場を引き受けている。もう場を引き受けることが日常の一部になり、それを越えた場所にいる人たちだ。

達人がどのような感覚で、生の場を経験して、行動しているのか。ぼくにはまだ全然わからない。それを知るための日々がこれからも続くと思うと楽しみだ。

演劇を見るといい

存在感がないと感じ、存在感を増したいと感じるなら、まず良い演劇をみるといいかもしれない。目の前で、大勢の観客からの生きた視線を引き受ける役者たちの姿を観る経験は自分を変えてくれる。

『マームとジプシー』『THE・ガジラ』の演劇はおすすめです。

—-

存在感がほしい。自信がほしいという方向けのメンタルレッスンを行っています。
→自信をもつためのメンタルトレーニング

—-

トレーナーをお試ししたい方向けのメニューもございます。
→30分 お試し相談室

—-