Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

心に余裕を持つ方法!心のキャパシティを広げるためにできること。

      2017/03/15

capacity03

もっと心に余裕がもてたらもっと楽に生きられるかもしれない。あの人はなんで同じ状況なのにあんなに余裕があったり、堂々としていたりするのだろう。

そう思うことがよくあった。

でもいつの間にかそう思う場面は少なくなって、反対に「なんかゆったりしてるよね」「緊張しなさそう」「本番でも余裕がある」と言われるようになってきた。

自分のことを余裕があるとはあまり思わない。でも人から言われて振り返ると、そういえば昔とはすこし変わったかもしれないと思う。

もし自分の心に昔よりも余裕が生まれたとしたら、なにをしたからだろう?もし心のキャパシティのようなものが広がったとしたら、どうしてだろう?と考えた。

ふりかえってみて、自分がやったことを元に、心に余裕を持つ方法を書く。

心に余裕がある人

心に余裕がある人とはどのような人だろう。デートの場面や、仕事のプレゼン、もしかしたら地震などの緊急時なんかに余裕のあるなしは見えやすい。

心に余裕がある人は「予想外の出来事」が起きても対応できる/対応すればいいという感覚を持っている。その姿勢や態度が身体にあらわれていて、普段の生活のなかでも人に余裕を感じさせる。

余裕のある人たちは、即興性やライブ感、臨機応変さのようなものを身体に染み込ませているのだ。「計画をしても予想外は起こるものだ。その場でなんとかしよう。」「その場で自分にできることを考えよう」という姿勢がある。

心に余裕がない人

反対に心に余裕がない人や、心に余裕がなくなってしまう場面というのは「計画通りに進めたい」「予想外のことはやめてくれ!」という気持ちになっているときだ。

予想外が起きることなんて考えもしていないこともある。予想外の事態にむきあう姿勢がないと堂々とした雰囲気にはなりにくい。そういうところに余裕はあらわれる。

未来に対する姿勢

plan01
「計画すれば計画どおりにいくはずだ」「予想外のことはこわい」という姿勢で物事に取り組むのが、余裕の持てない人で、「計画したって予定外は起こる」「予想外が起きたらできることをすればいい」という姿勢で物事に取り組むのが、余裕のある人ではないか。

さらにどちらもできる人がプロかもしれない。不安と覚悟を同時につかうような人だ。予想外は起こるものだと考える人のなかには、細やかに隅々まで想像して準備や企画をしようとする人がいる。そういう方の仕事は意識がどこまでも行き渡っていて配慮されたものになっている。

計画人間

ぼくは長いこと、計画人間だった。計画どおりに物事は運ぶと考えていて、計画以外のことはやめてくれと思っていた。計画して準備して行動しないと効率的にうまく生きられない、と(無意識に)考えていた。

それはある意味間違いではない。ただ、それはゆとりやある種の楽しさを損なう姿勢でもあったといまは思う。

未来の現在化

養老孟司さんの本に「先のスケジュールを立てることは、未来の現在化だ」という主旨のことが書かれていた。

「未来とはわからないからこそ、価値があるのではないか?」と養老さんは書いていたと思う。そのわからなさという価値を、スケジュール化してしまうことで、わかるものに変えてしまう。

いい高校に入るために中学受験をし、いい大学に入るために高校受験をし、いい会社に入るために大学受験をするという考え方がある。今の社会は他の場面でもそういう考え方が多い。

未来を揺るぎないものにしようと努力する。それによって得られるメリットもあれば、実はその裏に失われる価値もある。もしかすると、出会ったことのないものへの姿勢、衝動との付き合い方については損なわれてきたのかもしれない。

計画することが悪いと書きたいわけではない。計画することで生まれる余裕や安心もある。ただ、反対に計画しないことにも価値があるのだ。

心に余裕を持つ方法

心に余裕を持つ方法に戻ろう。心に余裕をもつためには、上に書いたように「予想外に対する姿勢」を身につけることだ。その姿勢はどのようにしたら身につくだろう。

①予想外と仲良くなる

まずは日々のなかの予想外を拾うことだ。財布を忘れたり、携帯を忘れたりしたとき、自分はどのような状態になるのか観察する。身体がびくっとなるかもしれない。それに一度気づくと、次はそのびくっとすることが緩和されたりする。

一度知ると、次の行動は自然と緊張の緩和された方向に変わることが多い。

計画的な人や、注意深い人はなかなか予想外は起こらないかもしれない。まあでも、「あれカギかけたっけ?」と思ったり、「あのデータ確認したっけ?」と思ったりするような小さな瞬間はさすがにあるのではないか。

そういう場面では心の状態が変わるはずだ、その変化を身体の変化としてとらえることで、「予想外」という出来事との関係性を変えていくことができる。

びくっとする瞬間や失敗を良い機会ととらえて利用する。

②限界をこえる

身体的に限界をこえることも余裕をもつための姿勢を身につける方法だ。ヨガやダンス、武道やスポーツなどを続けていると、どこかで限界を越えなければならなくなる。身体的な限界を越えると、知覚のキャパシティが拡張される。

最近よく目にするラグビー選手たちは、テレビに出た経験は少ないはずなのに、芸歴のある芸人たちよりも余裕を感じることがある。

あれはスポーツという瞬間的な対応力の連続に慣れているからなのではないかと思う。「なにかが起きてもなんとかできる」という感覚がこちらに伝わってくるのではないか。

③予想外を予想する

最後に、想像について書く。想像は計画と似ている。同じだと言ってもいい。ただ、あえて想像と書いたのは、計画というのが「事務的」に感じるのに対して、想像は広いような気がしたからだ。

仕事でもデートでも先のことを想像するとき、うまくいかないことも想像してみる。ここでこっちに逸れてしまうかもしれない。逸れないためにはどうしたらいいだろう。ここはうまくいかないかもしれないどうしたらいいだろう。

「うまくいかないかもしれない」と考えることは悲観的に感じる人もいるかもしれないが、予想外を予想して、前もって対処しておくことがプロの仕事のように思う。計画をもう一歩細やかにすることでも、余裕をつくり出せる。

やわらかな社会

soft

心に余裕を持つ方法について書いて来た。

都会で暮らしていると、街や駅を歩く人や電車に乗っている人を見たときに、余裕のなさを感じることが多い。それはぼく自身に余裕がまだまだ足りないからなのかもしれない。

でもなにかやっぱり、息苦しさや鬱屈した感覚を心や身体に溜め込んでいる人は多いように感じる。

ぼくはそれはその人たちのせいではないと思っている。過去から引き継がざるを得ない社会制度や環境などが、社会という実体のないものつくりあげ、それを構成する個人の行動に影響を与えている。だからといって過去が悪いと言いたいわけでもない。

ただ、すこしずつ水面下で余裕のある人が増えているのも感じる。そういう人たちに出会うことが多くなっている。心身の情報を発信していくことで、やわらかな社会の訪れがすこしでも早まったらと思う。

身体を観察する方法については、ワークショップをやる予定です。
今日の疲れは今日とろう!みずみずしく生きるためのボディワーク