Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

気分の落ち込みにいますぐ効く方法。+じんわり長いスパンで効く方法。

      2016/04/07

rain04

気分の落ち込みはなかなか脱け出せない。

気分を変えようとしても、

気分を変えるための行動ができないのだ。

そういうときどうしたらいいだろう。

気分の落ち込みへの対処法

01

気分の落ち込みから脱出するためのその場でできるアプローチをまず書こう。

気分の落ち込みにはまりこんでいるときは、

感覚が自分の内に閉じていることが多い。

①自分の5感をひとつずつ感じてみる。
まずは触覚から行こう。いま座っているならお尻、立っているなら足の裏、寝転がっているなら背中を感じてみよう。

お尻が体重を受けとめて座面と触れている感じ、足の裏が床に触れている感じなどだ。

服が自分に触れている感じはどうだろう。

服が触れている感じというのは、普段あまり感じてみないものだ。ちょっとやってみてほしい。肩、背中、ふともも、ふくらはぎ。

触れている感じがわかりやすい部分もあれば、わかりにくい部分もあるかもしれない。

 

聴覚にうつってみよう。

近くでどんな音がしている?

自分の音。心臓の音や服がすれる音。

空調の音や冷蔵庫の音。

電車の音や車の音。木々がゆれる音。

人の声。

自分の近くからだんだんと遠くへ聴覚を広げてみよう。

②力を入れる
もしその場ですこし動けるなら、力を入れやすい場所に力を入れてみよう。

ぎゅーっと。

他の場所にも入れてみよう。

縮みこむ感じだ。

反対に伸びてみるのもいい。

体を上下に伸ばしてみよう。

手をうえに上げ、足をしたに伸ばすのだ。

③あったかいものを飲もう
あったかいものを飲もう。

水道から出るお湯でもいい。できればやかんで湧かすといいだろう。

コンビニのあったか〜いでもいい。

あたたかいものを飲むとこころが温まる。

ここまでやれば、「気分の落ち込み」からすこしは離れられると思う。

そうしたら、さっきまでと違う考えが浮かぶかもしれない。

どうしたら前進できるか建設的なことを考えてみてもいいかもしれない。

それにしても、いったい気分の落ち込みってなんなのだろう。

気分の落ち込みって?

02

気分の落ち込みってどういうときになるだろう。

仕事がうまくいかなかったとき。

デートがうまくいかなかったとき。

テストで期待していた点数がとれなかったとき。

なにもないのに気分が落ち込む日もあるだろう。

 

まあ総じて、なにか失敗したときに気分は落ち込む。

失敗からすぐに離れられる人と、

失敗に縛られる人がいるだろう。

失敗に捉われつづけると、気分は落ち込みやすい。

わーっといっきに発散して忘れようとするかもしれないが、

また次に失敗すると、

同じように失敗に捉われ、気分が落ち込む。

 

そのくり返しに入ってはいないだろうか。

失敗から発散へのループから脱け出すことはできないか。

失敗発散ループから脱け出すには、キャパシティを広げることだ。

失敗発散ループから脱け出す

oppotunity01

失敗発散のループから脱け出すと、

失敗しても、それをうまく捉えられるようになる。

それは反省しないということではない。

失敗したとき、

次はこうしよう。それを活かそう。

そう思ってパッと気持ちを切り替えられる。

そのためには、開かれた心が必要で、そのためにはキャパシティが要る。

 

狭いキャパシティしかないと、

ある1つの考えに閉じ込められる。

それを急激に発散するか、溜め込むことしかできなくなる。

キャパシティが広いと、ある1つの考えを飲み込める。

それを自分に含んでしまうことができるような感じだ。

そうすると、それを素早く糧にして次にうつれるのだ。

キャパシティを広げる方法

sea01

キャパシティを広げる仕方はいくつかあって、

キャパシティはキャパシティというかっこいい名前(?)がついているだけあって、今日始めて「はい!」とすぐに広がるものではない。

ただ、始めればどこまでも広げていける。

ひとつは感覚を開くことだ。ぼくらは情報を5感からしか得られない。その5感を閉じれば閉じるほど、キャパシティは狭くなる。

どうしてか?その場で得られるはずの情報を漏らしているからだ。

無意識に不安になる。

そのためにできるのは、うえに書いた①の方法を日常のなかで意識しながら過ごしてみることだ。

そうすると自ずとキャパシティは広がる。

2つ目は養生である。

養生というのは東洋医学の考え方で、人が生きるための活力をいかに溜めるか?という考え方の体系を言う。

養生を学ぶために良い本を3冊紹介する。

気分の落ち込み

気分の落ち込みについて書いていたら、養生にまで話が及んでしまった。

そのときの気分の落ち込みは、

上記の①〜③の方法でだいぶ解消できるだろう。

ただ、気分の落ち込み→発散のループは脱け出せない。

それを脱け出すために、

5感のトレーニングや養生がある。

ぜひ試してみてほしい。自分が一歩ずつ変わっていくことを実感できるだろう。