Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

自分を好きになるには無視しないこと。

      2017/03/15

look01

自分を好きになるってなんだろう。それは自分を「大好き大好き」って思うような状態だろうか。おそらくそういう状態ではないと思う。

自分で自分をのけ者にする

自分を好きになりたいとき、自分はどんな状態をのぞんでいるんだろう。

自分の全体をそのままに見つめられるような状態ではないか。

「こんなの自分ではない」「この部分は自分ではない」と、自分から目を逸らしてしまうことなく見つめられるような状態。「自分のある一部」をのけ者にしたり、省いたり、隔離したりしてしまうと、その「ある一部」から寂しさや満たされなさを感じることになってしまう。

ではそういう部分についてはどのように感じられるようになると、「自分を好きになる」感覚に近づけるのか。

過不足なく

自分はいまのこの身体と心なんだと思えるようになること。その全体を過不足なく見つめられるようになること。ここは嫌だから変えたいなあと思いながらも、まあそこも自分なんだよなあと思うような感じだ。

自分を好きになるとは、自分のすべてに「好きだ」と言える状態ではなくて、自分の全体を無視せず見つめられる、そんな感覚だとぼくは思う。

どうしたってこの自分からスタートするしかない。 不公平かもしれないけれど、その身体からふわっと離れて、福山雅治のなかに入ったり、長澤まさみに入ったりするというわけにはいかないのだ。

では、自分を好きになる≒自分を受け入れられるようになるにはどうしたらいいだろう。その方法を書く。

こわいものを観る

こわいものをこわいと分かっているのに観に行きたくなる感覚というのは多くの人が持っていると思う。その感覚をつかえると、自分を好きになる感覚に近づきやすいかもしれない。

自分のなかにも観るのがこわい部分があると思う。その部分を観たり感じたり聴いたりするのは、はじめはとてもこわい。たとえ目の前にそれが表れても、さっと目を逸らしたり、バッとそれをはたいてしまったりする。

そうしていてもいいのだけど、それを続けていると「自分のそういう部分」についてなかなか肯定的にはなれない。その部分について変化させていくのも難しい。

こわいなと思いながらも観に行ってしまうような感覚をつかって、はじめは引け腰でもいいから踏み込んでみる。意外とそのほうが楽になるかもしれない。

抽象的な話になったけれど、ここからは具体的な話をする。

自分を分解する-自分を構成するもの

自分を好きになるための具体的な方法は、「自分」を構成するものを具体的に知ることだ。「自分」について細かく知って、そのどこが気に入らないのか、他にどこを伸ばしていけるのか感じてみることだ。

後天的な見た目

今まで生きてきたなかで、身についた仕草や姿勢や表情が、人に与える印象は想像以上に大きい。それらについて1つずつ考えてみる。

姿勢

人の印象をつくるのに最も大きい要素の1つは「姿勢」だ。まわりに人がいたらその人たちを観てみてほしい。自信のなさそうに感じられる人はどんな姿勢をしているだろう。反対に堂々として感じられる人は?

その人たちは、その姿勢を意識的につくったわけではないだろう。それなのに、内面が外に表れてしまう。

以前相談を受けていた人が、無理なく「立つ」「歩く」姿勢を伝えた後に、人から「まえよりおおらかになったよな感じがする」と言われたそうだ。それだけ人は無意識に姿勢から印象を受けている。

仕草

仕草も同じように人の印象をつくる。手先や足先の動きが多い人は、落ち着きがないように見えたりする。腕をくむ回数が多い人は、気軽に話しかけにくい雰囲気を感じる。反対に手のひらを見せている時間が多い人からは、オープンさを覚える。

身なり

服装や髪型は多くの人が気をつかっている。必ずしも高いものが良いわけではないが、高いものは細部まで繊細にデザインされていることが多い。簡単には薦められないが、いまよりすこし高めのTシャツやシャツ、パンツを買ってみると、人からの印象は変わるかもしれない。

あとは自分の考え方や感覚に合う服というのがたしかにある。それは自分ではわかりにくかったりするので、人と買いにいってみるといいかもしれない。

人付き合いの仕方

人付き合いの仕方は他者に自分がどう見えるかを大きく決めている。

もしカフェや電車やオフィスなどの、人が何人かいるような場所にいれば、目をつむってその声を聴いてみてほしい。内容は聴かなくてかまわない。

その声から受ける印象を感じてみてほしい。人は話す内容以前に、人の声から、その人が信頼できるかとか面白いとかを感じている。

同調

親しい間柄だと、お互いの動きが合うことがある。それは細かい動きでもそうで、はじめから仲良くなれる人は、それを無意識に使っていることが多い。

それは相手に目をむけていると自然に起こることでもある。もし、相手を観てコミュニケーションをしていなければもうすこし相手を観てみるとよいかもしれない。

話の内容

趣味や好きなものというのは、その人を構成するものだ。好きなものがあると話もできるし、人からどう思われるか気にしなくてよくなることもある。
 

キャパシティ

予想外の出来事がおこったときにどう対処するかで、その人のことが一番よくわかる、と言われることがある。その予想外の出来事に対する許容量のことをキャパシティと呼ぼう。

その心身の余裕のようなものは、経験によって培われる部分が大きいけれど、自分の身体と向き合う時間を増やすことで、広げていくことができる。その方法を書くと長くなってしまうのでこちらの記事(http://jibunn.com/how-to-grab-feelings)を読んでほしい。
 

生まれつきのもの

顔や身体というのは、木や草が生えるのと同じように、自然が生成するものだ。だから、その形についてわたしたちはどうすることもできない。だからやっぱり不公平な部分はあるかもしれない。むずかしいこともあるかもしれないけれど、それも自分だと思えるといい。

自分のなかのどこが認められないのか知る

自分のどこが認められないのかを知ると、自然にそれも「自分」なのだと認められるようになることが多い。それに、認められない部分を自覚できると、そこを伸ばしていくことができる。

自分を高めるだけでは好きにはなれない

自分を分解して観てきた。ただ自分が好きではないと思うところから、すこしでも細かく自分のどこが好きではないのか、自分のどこが見つめたくない部分なのか、に気づいてもらえたら嬉しい。

最後になるけれど、どれだけ自分を変化させたり、高めたり、磨いたりしても、自分のなかに目を逸らしている部分が多いと、自分を好きであるという感覚は得られにくい。自分のなかの見たくない部分にすこしずつでいいから、恐さをもちながら目をむけていくことが、自分を好きになりたい人には必要だ。

ぼくも日々見たくない部分に目をむけられるように意識している。人になにかを言われたときに「それは違う!」と思ってしまうようなときほど、気をつけるようにしている。なかなか難しいけれどすこしずつ前に進んでいる気はする。

—-

自分を認めたり、好きになるためのメンタルトレーニングをしています。
→自分に自信をもつためのメンタルトレーニング

—-

トレーナーをお試ししたい方向けのメニューもございます。
→30分 お試し相談室

—-