Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

人は色みたいなもの

      2016/10/30

人は色みたいなものかもしれない、と最近よく思います。

 

ここ最近、

演劇にかかわっているから

そのようなことを感じるのかもしれません。

 

他の劇団はどうなのかわかりませんが、

ぼくが関わっている

マームとジプシーという劇団は

色々な「色」の人が

集まっている気がするんです。

 

それに、

その「色」が

劇団というものの色に侵蝕されてないような感じがします。

 

演劇やなにかを達成しようとするチームというのは

さまざまな色が重なって

補い合うことで、

ひとつのなにかを

生み出すのではないかと思うんです。

 

あまり好みでない色でも、

なにか他の色と組み合わせると

きれいに見えたり

周りを洗練させたり、

穏やかにしたりすることがあります。

 

そのように

人にも「色」があって、

その色どうしの関係性や

色どうしの配置、配色として

人を見られたら

 

チームや会社

ひいては国などが

もっと居やすい場所、

住みやすい場所になるのではないか

と思いました。

 

同じような人が集まるよりも

色々な人がいたほうが

多彩な絵になるということですね。

 

ものすごく楽しい色の本を紹介しておきます。

『カラー&ライト』