"ジャメ・ヴュ"は魔法。

カウンセリングレーベル"jamais vu." が運営する、ことばとからだの情報サイト。

*

わたしの仕事は社会に貢献しているのか?ーb-corpの衝撃

      2016/11/04

自分の仕事は

社会に貢献しているのか?

 

そう考える人が増えています。

 

それはモノに満たされるようになったからでしょう。

金銭というよりも、

精神的な充足を得られる

仕事を求める人が増えているんです。

 

ぼくは前々から

自分の大切な人や地域、社会などに

良い影響を与える会社が増えたら

いいなあと思っていました。

 

そのためには株式会社という制度が

かなりネックになってきます。

 

株式会社である以上

3ヶ月ごとに

売り上げがアップしていることを

示さなければならないからです。

 

それではやはり

数字数字となっても

仕方がないことなのかもしれません。

 

ただここで

この株式会社という形態を

うちやぶるような

会社の形態が生まれ始めています。

 

それは

PBCと呼ばれる会社の形態です。

“米国における営利会社の一形態で、ただ投資家のために利益を出すのではなく、社会全体にとっての便益を生み出すために存在する”

会社の形態です。

 

Profit(金銭上の利益)ではなく、

Benefit(社会的な利益)を

追求することを命題とした

会社の形です。

 

既に

KickstarterやEtsy、パタゴニアなどが

PBCという形で会社を運営しています。

 

そして

それを評価するための

「B-lab」という会社も

もう既にアメリカにあります。

 

食品や法律をチェックする会社があるように、

会社の品質や会社の社会への長いスパンでの影響を

評価する会社です。

 

これは素晴らしいことだなと思いました。

日本でもこの

ProfitからBenefitへという

流れは広がると思います。