Jamais vu

ことばとからだの情報サイトです。カウンセリングレーベル Jamais vu が運営しています。

*

ジェネリック医薬品が効かない!

      2016/09/14

ひどい風邪をひいても

医者にはいかないのですが、

 

皮膚科にだけはいかないと

やってられないときがありまして、

年に2回ほど軟膏をもらいにいきます。

 

皮膚科に行くといつも

「この薬をください。効くんで。」

と指定するんですね。

 

そしたら

「はいわかりました。じゃあこれで」

といって5秒くらいで診察は終わります。

 

なんですが、

前回行ったときに

薬局で

「成分は同じで安いですから

こちらのジェネリック医薬品に

してはいかがですか?」

と言われ

それを信じて

ジェネリック医薬品の軟膏をもらったんですね。

 

そしたら全然効かない。

 

で、昨日皮膚科に行ったときに

また薬を指定したんです、

そしたら

薬局ではその薬ではなく、

その薬のジェネリック版を

入れられていました。

 

「この薬効かなかったんですけど、

ほんとうに成分は同じなんですか?」

と質問してみました。

 

すると

「成分は同じなんですが、

すこし違います。」

という返答。

 

うーん

よくわからない。

成分は同じだけど違う?

 

よくよく訊いてみると、

ジェネリック医薬品は

成分を全ておなじにしてはいけないらしく、

その差異によって

効き目が薄くなってしまう場合がある

とのことでした。

 

薬には合う合わないがあるので、

ジェネリック医薬品にするかしないかも

自分の体に聞きながら

判断する必要がありそうです。